面接の準備

ヒント

ビジネス/プロダクト/サービスの研究: まずは応募先企業の事業、製品、サービスを勉強することをお勧めします。 応募先企業の事業、製品、サービス等についての知識があれば、面接時の会話もより深い対話型の面接ができ、印象も違ってくるでしょう。

ヒント

競合他社を研究: 応募先企業の競合他社の研究をしてください。強み、弱み、市場シェア、市場での地位、主要な製品やサービスを見つけ、比較してみてください。

ヒント

会社の理念: 応募先企業の企業理念を理解した上で、あなたの考え・性格と、その応募先企業のビジネス戦略と一致するかどうか確かめてください。もし共感できないのであれば、その企業はあなたのキャリアアップのために適切な場所ではないのかもしれません。

ヒント

面接官について積極的な研究: 面接官のキャリアや学歴について事前にリサーチできる場合はしておくことをおすすめします。LinkedInかFacebook、Twitter等のSNSなどを通じて情報を得るのも良いでしょう。もし面接官について知っている友人・知人がいれば尋ねてみるとよいでしょう。 但し情報を事前に入手した事は明かさないようにしてください。
積極的に面接官の個性を理解・推測しておくことで、より対話型の印象に残る面接をすることができるかもしれません。

ヒント

募集内容と履歴書の再チェック: 面接の前に、事前に応募先企業に提出されている募集要項及び履歴書を確認してください。面接官は、キャリアアドバイザーが送付した履歴書のコピーを持っているかもしれませんので、キャリアアドバイザーがあなたに無断で、履歴書に変更を加えていないかを確認し、必ず同じ内容の書類を持っている状態にしてください。

ヒント

服装について: 服装のマナーは、業界により異なる場合がありますが、一般的なルールとして、スーツの着用をお勧めします。もし何らかの理由でスーツを着用できない場合は、担当のキャリアアドバイザーに連絡を入れるとよいでしょう。応募先企業が、サービス業の場合は、特に服装については気をつける必要がありますが、クリエイティブ/デザインなどの業種の場合は、あまり厳しくない場合が多いようです。失敗しないためにも、事前にキャリアアドバイザーに相談すれば安心でしょう。

ヒント

ボディランゲージの重要性: 面接官と話をする際は、適切なアイコンタクトをしていることを確認してください。ある程度身振り手振りを交えて話をすると、自分の話が相手に伝わりやすく、好感を持ってもらえるでしょう。但し、過度のボディランゲージは、逆にマイナスの印象を与える場合もありますので注意して下さい。

ヒント

面接官の話に割り込まない: 面接官が話している時は、話を遮らないように注意しましょう。質問がある場合は、面接の最後に質問をする時間をもらえる場合が多いので、その時にすると良いでしょう。
逆に、あなたが話をしている時に、面接官が話し始めるかもしれません。その時は、面接官の話を聞いて、その後、あなたの話に戻すとよいでしょう。

ヒント

感情的なトークの制御: 面接ではできるだけ感情的にならないように気をつけましょう。感情的になると、個人的な話になりがちですが、それはプロではありません。面接では、実用的かつ論理的な話ができるように心がけましょう。

ヒント

まずは面接官の質問を理解: 面接官の質問を理解するのが難しいこともあるかもしれません。もしあなたが日本人で、外国語(例えば、英語、スペイン語、中国語)での面接を受ける場合、面接官の質問を十分に理解するのは難しいかもしれません。そんな時は、もう一度ゆっくり質問してもらうよう面接官に頼みましょう。もしあなたが外国人の場合はその反対です。急いで質問に答えようと焦らずに、まずは質問を100%理解するように努めましょう。そして、ゆっくりと丁寧に話すようにしましょう。

ヒント

効果的な質問: 面接の最後に、面接官は質問があるかどうか聞きます。その際に、面接や今後のビジョン等、会社に関係する質問をすることをお勧めします。面接官の興味をひくような質問ができれば、面接結果にも非常にいい印象を与えるでしょう。
効果的な質問をするためには、前もって研究し考えておくことが大切です。

面接の準備についてご質問がございましたら、お気軽にご相談ください。