レジュメを書く際のヒント

雇用市場は常に競争率が激しいということを心に留めておきましょう。 応募先企業は常に数十人の申込者から、その中で最も優れた人材を雇うことを目指しています。 まず、面接の前の最初のステップとして行われるのが書類選考です。その際に企業の採用担当者がチェックするのは、履歴書の中身はもちろんですが、きちんと、きれいに、プロフェッショナルな履歴書が書かれているかどうかということです。

したがって、まずは面接を受けるためにも、レジュメをブラッシュアップする必要があります。レジュメがよりプロフェッショナルに見えるほど、面接へと進む可能性は高まります。

プロフェッショナルで魅力的なレジュメを書くためのヒント:

  • レジュメは最新の内容を記し、なるべくシンプルにしましょう。
  • 内容はA4で2~3ページ以内に収めるようにします。
  • 英語で書く場合は、A4、シングルスペース、Arialやゴシック、フォントサイズ10~12。日本語で書く場合は、A4、シングルスペース、MS明朝やMSゴシック、フォントサイズ10~12です。
  • レジュメが長すぎると採用担当者は最後まで読まない場合があります。レジュメは自分の印象を決める最初のツールであることをしっかりと心にとめた上で作成しましょう。
  • 転職経験がある場合は、それぞれの退職理由を簡単に(倒産、財政難、派遣契約期間の満了 等)記述することをお勧めします。
  • 今までの仕事での経験、担当していた業務等について記述する際は、文章ではなく箇条書きがベターです。
  • 箇条書きでは、自身の仕事の成果を明確にできると良いでしょう。特に数値で表せるとより分かりやすくなります。例…四半期ごとの販売目標は1000万円だったが、実績は1500万円(150%)であった。等
  • レジュメの経歴欄は、年だけでなく月も書くようにします(例…2000年3月)。学歴欄も同様の形式にします。
  • もし、レジュメのサンプルを見ても分からない場合や、レジュメを改善したいとお考えの際は、お気軽にお問い合わせください。
  • ブラックピジョンが、レジュメの準備を全力でサポートをいたします。