エグゼクティブサーチ

企業の成功・失敗はその人的資本によって左右されます。優秀な人材は企業の未来を切り拓くポテンシャルを秘めているため、そのような人材の確保は企業経営において不可欠といえます。以下は優秀な人材を識別するためのポイントです。

  • 明確なビジョン: 優秀な人材は自分の将来について明確なビジョンと目標を持っています。このように規律と先見性のある人物は、面接試験において昇進などに関する理論的な質問をしてくることが多いでしょう。
  • 社風への理解: 会社とは一日の大半を過ごす場所であるため、優秀な人材は社風を重視する傾向にあります。そのため、面接官が企業風土や社風について問われることも少なくありません。
  • 業績: 優秀な人材は自身の成果を誇り、金銭的・非金銭的問わず、評価されることを望んでいます。そのため、勤務評価や業績考査に強い関心を抱いています。
  • 経営構造: 企業の経営構造に興味を示すことも優秀さの表れです。また、経営陣の平均年齢を気にかけることもあります。
  • 情熱的で実践的: 市場調査によると、一流の人材は職業とその責任に対して情熱的なことが多く、陣頭指揮を執りたがる傾向が見受けられます。彼らは常に新たなチャレンジを求めており、精神的な準備ができています。

企業に最適な人材を探すためには、履歴書の審査や面接試験、そして企業説明が非常に重要です。また、優秀な人材に対しては面接官の選定も大切であり、企業全体として好印象を与える必要があります。